ホーム > 営農情報 > 

営農情報

15.08.19

産直

サラダに彩りを添える二十日大根

 収穫までの日数が極めて短く、わずか20日で収穫でき一夜漬けにしてもよく、サラダに合う野菜です。

〔特長〕
 生育期間が短いので、他作物の作付けの間に栽培できる。誰でも作りやすい大根(コメット)です。表皮は、鮮紅色で肉色は純白。肉質は緻密で風味が良いです。

〔栽培のポイント〕
 土作りが大切です。
 二十日大根の価値を高めるためには、根部の肌を美しく、葉をコンパクトにすることが大切です。そのためには畑の耕土は浅く膨軟で排水・保水性のよい土壌が望ましいでしょう。このような土壌にするためには、堆肥の施用を行います。未熟な堆肥を施用すると根が変形したり、変色することがあるので、できるだけ完熟したものをオススメします。また、二十日大根は短期間に収穫期になるため、収穫が遅れるとす入りになったり肩部が割れたりしますので、根径2僂鯡椣造房穫しましょう。

〔播種〕
 播種の仕方として、幅45僉⊂魎屬13
〜15僂瞭鷯髻△△襪い鷲120僉⊂魎屬13〜15僂里泙床に、所定の株間に点播するか、1儡岾屬望鬚泙をします。
 株間は、丸型の品種では3〜5僉▲潺紡膾や紡錘型の品種では4〜5僂砲靴泙后0譽所に1〜2粒で深さ1冂に播種をします。土壌が乾燥している時は少し深くしてよく鎮圧すると良いでしょう。

〔管理〕

 ◎病害虫に注意しましょう

害虫―アブラムシ類・アオムシ類・ガ・キスジノミハムシ
病害―軟腐病・根こぶ病・そうか病など

 ◎間引きをしましょう

☆子葉展開から1葉期に1本に間引きします。高温期には株間をやや広めに間引きします。

〔収穫〕
 本葉5〜6枚、根径1.5〜2僂砲覆辰燭蕕稿りする前に収穫します。晩春〜初秋まきで20〜25日前後、晩春まきで35〜45日程で収穫期に達します。
 収穫適期は冬季で1週間、春と秋で3日程なので、収穫遅れに注意しましょう。

〔レシピ〕

☆葉・茎は汁の具・野菜炒めなど
☆根は皮ごと使用でき、サラダ・つま・ 大根おろし等、生食に向いています。

                                                                                  (三郷地域営農センター課長 小松 優

営農情報

最近のエントリー
適期収穫に努めましょう
収穫前管理と適期収穫を
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop