ホーム > 営農情報 > 

営農情報

15.02.17

果樹

  果実作りの基本となる剪定作業が集中します。剪定作業の目的を理解して、計画的に作業を進めましょう。
1、整枝・剪定作業のポイント
,匹了泙砲眛が当るとと

△匹了泙砲睫液が到着すること

4浜作業が容易にできること

ど兵僧匹げ娘造生産できる花芽確保すること


2、その他の管理
〕彊作業
樹形の乱れは、生産力の低下を招きますので、剪定作業と合せ実施して下さい。
∪擇蠍の保護
剪定後、切り口からの病原菌感染防止・凍害防止の為にも、主幹・主枝など大切な部分には塗布剤を塗りましょう。
各品目・品種、前年の枝の伸び具合や花芽の状況を把握し、各品目・品種の特性を活かした剪定と誘引作業を行いましょう。

※詳しくは、各営農センター技術員にお問い合わせ下さい。

                                                                                                                 (果実課係長 石曽根光徳)

営農情報

最近のエントリー
剪定の見直しと発芽前管理
農薬の安全性評価方法の変更について
直売所向けおすすめ野菜品種
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop