ホーム > 営農情報 > 遊休ハウスで小松菜・ホウレン草の栽培をしませんか

営農情報

14.10.15

遊休ハウスで小松菜・ホウレン草の栽培をしませんか そ菜

【メリット】

 冬場の収入源になります。単価が決まっているので安定した収入が見込めます。
 冬場作りやすい品目です。栽培管理が容易です。

【栽培体系】

 契約品目であり、出荷日量が決まっていますので、計画に沿った栽培をお願いします。小面積を、数回に分けて播種をすると出荷作業がしやすくなり計画も立て やすくなります。

たまねぎ定植準備

【タマネギ】

 10月下旬から11月にかけてはタマネギの定植時期になります。昨年は定植時期に雨に降られ適期に定植ができず、根張りが悪くなり凍抜けが多発してしまいました。
 早めの圃場準備をして適期に定植できるように心掛けましょう。

【定植前の苗処理】

 苗取り作業は根が切れます。根を多く切断すると植え傷みが大きく、欠株の原因となります。根はもちろん葉もなるべく切らないように丁寧に苗取りをしましょう。
 また、苗の根を乾かしすぎると活着に影響を及ぼします。活着促進に過燐酸石灰50〜70gを水20 ℓに溶かした液に浸漬してから植えましょう。

【定植】

 越冬前にしっかり根を張らせることで冬期の凍抜けを防止し、越冬後も十分な生育量を確保することにつながります。
活着が良好で、根張りを十分させるには活着してから少なくても15〜20日以上必要なので、定植適期は平均気温12℃のときが目安になります。植え付け本数は1a あたり3000 〜3500です。また覆土した上を足で鎮圧すれば凍上がり対策になります。
 詳しくは各地区営農センターまでお問い合わせ下さい。

(豊科地域営農センター 太田勝也)

営農情報

最近のエントリー
来年度へ向けての圃場管理について
遊休ハウスで小松菜・ホウレン草の栽培をしませんか
菊母株伏せ込み準備の時期です
適期収穫に努めましょう
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop