ホーム > 営農情報 > 2014年10月

営農情報

14.10.15

中晩生種の収穫期と管理について 果樹

 りんごの中晩生種は収穫・着色管理の重要な時期に入ります。また梨とぶどうの収穫は今月上中旬にはほぼ終了となりますので来年度に向けての礼肥と防除を実施して下さい。 <りんご> 9月末〜10 月は中生種「シナノスイー卜」・「シナノゴールド」の収穫期となります。適期適熟収穫に心がけて下さい。 また、来月収穫期に入る晩生種「ふじ」は着色管理の重要な時期です。徒長枝切り、枝の吊り上げ、葉摘み玉回し等遅れない…

詳しく見る

14.10.15

来年度へ向けての圃場管理について 水稲

「土づくり」稲はケイ酸を多く必要とする植物です。土壌改良材で補うようにしましょう。良質米、高品質米の生産に役立ちます。 推奨土壌改良材「土想神」又は「農力アップ」どちらも10a当り100?(5袋)散布 「雑草対策」本年度、ヒ工や雑草稲が出た圃場は、秋耕しはしないで、冬の寒さで種を枯死させましょう。可能ならば稲わらと合わせて焼いて下さい。(焼く場合は、周辺住宅や風向きに十分注意して下さい) 雑草稲対…

詳しく見る

14.10.15

遊休ハウスで小松菜・ホウレン草の栽培をしませんか そ菜

【メリット】  冬場の収入源になります。単価が決まっているので安定した収入が見込めます。 冬場作りやすい品目です。栽培管理が容易です。 【栽培体系】  契約品目であり、出荷日量が決まっていますので、計画に沿った栽培をお願いします。小面積を、数回に分けて播種をすると出荷作業がしやすくなり計画も立て やすくなります。 たまねぎ定植準備 【タマネギ】  10月下旬から11月にかけてはタマネギの定植時期に…

詳しく見る

14.10.15

菊母株伏せ込み準備の時期です 花き

 来年の菊の生産を左右する、母株伏せ込み準備の時期になりました。生産性と品質向上のために、次の点に注意して伏せ込みをして下さい。   ○母株の選抜  栄養繁殖(挿し芽)で苗を作る菊は、一度購入した株から、挿し芽による株の更新を長年繰り返すことにより、その品種の持つ特性に劣化が生じ、品質か揃わなくなります。収穫時期に、品種本来の特徴を備えた優良株に目印をつけその年の伏せ込み用の母株としてく…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
中晩生種の収穫期と管理について
来年度へ向けての圃場管理について
遊休ハウスで小松菜・ホウレン草の栽培をしませんか
菊母株伏せ込み準備の時期です
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop