ホーム > 営農情報 > 仕上げ摘果で大玉生産を

営農情報

14.06.11

仕上げ摘果で大玉生産を 果樹

  果樹の生育は、概ね平年並みで推移していますが、各作業は遅れないよう進めて下さい。

りんご
 仕上げ摘果終了の目安は、満開後60日以内です。7月6日頃を目標に進め下さい。


 変形果・小玉果等の補正摘果を6月〜7月初旬の期間に実施して下さい。


 仕上げ摘果を満開後50日頃までに終了するよう実施して下さい。

プルーン
 仕上げ摘果を満開後50〜60日頃に実施。収穫時に果実と果実が当たらない程度の間隔として下さい。

ぶどう
 実止まり確定後、摘房・摘粒作業を実施して下さい。ジベレリン処理を行う品種については適期を把握し遅れないよう処理して下さい。
  
病害虫防除について
  これからは、梅雨に入り病害に感染しやすい時期となります。防除間隔には注意して下さい。

ブルーベリー
 今月より極早生種から収穫期に入ります。過熟果に注意し、こまめに収穫し出荷して下さい。また防除栽培日誌についても事前にご提出下さい。

                                                                       (三郷地域営農センター課長代理 中村洋一

営農情報

最近のエントリー
出荷用切り花生産圃場見学会の開催について
仕上げ摘果で大玉生産を
梅雨時期の栽培管理
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop