ホーム > 営農情報 > 大玉生産に向けての管理

営農情報

14.05.14

大玉生産に向けての管理 果樹

 摘果作業は品質の良い果実を生産する為の重要な作業となります。 目的としては果実の大きさ・果形・果実品質等を揃える事と来年の花芽の確保、隔年結果防止を目的としています。また、防除についても大切な時期となります。防除は、使用基準と使用方法を厳守し、また農薬飛散防止にも努めて下さい。

 りんご
 1果そう1果とした予備摘果の実施。管理終了の目安は、満開後30日以内です。


 各品種の特性を考慮し、横向きの果台で 3〜4番果の中から果柄が長く、外向きで果形の良い果実を残しましょう。 管理終了の目安は、満開後20日〜30日以内です。 


 予備摘果は、満開後20日〜30日の期聞を目安に生育不良果・障害果等を摘果して下さい。

ぶどう
 芽かき・新梢の誘引・房作り等、開花期前までに遅れないよう実施して下さい。

すもも・ブルーン
 生理落果がある為、満開後30日以降で結実が確認出来てから摘果作業を進めて下さい。

                                                     (三郷地域営農センター  中村洋一)

営農情報

最近のエントリー
大玉生産に向けての管理
穂高農産物直売所のご紹介
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop