ホーム > 営農情報 > 

営農情報

14.02.15

そ菜

アスパラガス作付けのおすすめ

 JAあづみでは、そ菜重点推進品目として、軽作業で、長期安定生産・販売が見込めるアスパラガスの栽培をお勧めしています。平成26年度も多くの方に作付けして頂けるよう、労力の軽減、コスト低下のお役立ちとして苗供給をします。
 1トレイ100本保証として1トレイ単位で取りまとめをしています。栽培を希望される方、興味をお持ちの方は各地区営農センターへご相談ください。

早期出荷アスパラと霜対策について

 価格の高い早出し出荷と霜対策として、『らくらくシート』と『シルバーポリ』の被覆をしての栽培をお勧めします。
 3月中旬に、『らくらくシート』を被覆してください。萌芽が始まりましたら、霜対策として『シルバーポリ』を夕方のみ被覆してください。 
 日中は、『らくらくシート』のみ被覆して頂き、換気をしながらアスパラガスに光を当て、色付きを良くしてください。比較的、毎年値段の高い4月上中旬からの出荷となります。大きな面積からの導入ではなく、3動未らの導入をお勧めします。

レタス類の定植準備・定植作業を
 
 ハウス作型は2月下旬から、露地作型は3月上旬から定植時期となります。定植の適期を逃さない為に、天候を見ながら施肥・マルチ張りの作業を早目に済ませてください。本葉5〜6枚の苗が定植の適期です。深植えをしないようご注意頂き、定植後は速やかに保温資材を被覆してください。乾燥が続く場合は、潅水をお勧めします。

ジュース用トマト作付けのおすすめ

 ジュース用トマトの一番の魅力は、契約品目であるといった点です。他のそ菜品目とは違い価格が決まっていますので、所得が安定しています。採れば採るほど収益が上がりますので、収穫期にとても楽しめる品目です。畝立て・マルチ張り、定植作業についても機械作業が可能ですので、簡易に栽培できます。各パッカーからの助成もあります。各地域・地区営農センター窓口にて仮植苗・定植苗の注文を受付けておりますので、ご相談下さい。

(穂高地域営農センター 保尊優一)

営農情報

最近のエントリー
除草剤の再確認と低コスト化に向けた水稲栽培への取り組み
露地品目の切り花栽培を始めませんか
雑草イネを根絶しましょう
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop