ホーム > 営農情報 > 2013年9月

営農情報

13.09.10

適期収穫に努めましょう 果樹

 8月15日のひょう害に対し被害を受けられました果樹農家の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 9月に入りますと、りんごをはじめ、なしやぶどう等、さまざまな品目で収穫期を迎えます。着色・成熟状況を確認し、適期収穫に努めて下さい。 今月の主な作業◎りんご つがるの収穫も終盤になります。過熟にならないよう注意し、ガクア部に地色(緑色)が残っている内に収穫して下さい。 シナノドルチェ、トキ、早生ふじの…

詳しく見る

13.09.10

水稲

 本年度は高温により、出穂時期が早まったため、収穫時期も早まっています。こまめに圃場をご確認頂き、圃場に合った刈り取りの徹底をお願いします。  ○収穫時期の目安  刈り遅れは、胴割れ米を増加させ、品質を著しく低下させますので、適期刈り取りに努めて下さい。 収穫開始の目安は、帯緑色籾歩合が10%(1穂当たりの緑色の籾が10粒)頃で、穂に5〜6粒の青味が残っているうちに収穫が終了するのが理想です。 ま…

詳しく見る

13.09.10

そ菜

 今月は、タマネギの播種時期となります。例年に比べて9月は平均気温が高い予想となっております。 播種につきましては、平年9月1日〜9月10日間での指導となっていますが、秋の気温を考慮しながら、播種時期の調整をしましょう。 播種が早すぎると大苗になり抽台しやすくなりますし、遅過ぎる播種をした場合、収穫時に小玉になってしまうなど減収に繋がりますので、適期播種をお願いします。苗の出来が収穫の出来に影響を…

詳しく見る

13.09.10

きのこ

えのきたけの品質向上について  農工研G6号への品種切り替えから2年が経過いたしました。品種切り替え当初から比べると若干の特性の変化が見られます。以下の点に注意し管理をして下さい。 1.株元の接着が強い場合は抑制管理での乾き、低温による抑制過多が原因となります。抑制段階での加湿の程度、クーラー風の当たり具合を見極めたうえで適切な対策をとりましょう。また、生育が遅れ気味であっても目安の日数…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
適期収穫に努めましょう
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop