ホーム > 営農情報 > 2013年7月

営農情報

13.07.16

見直し摘果と早生くだものの収穫 果樹

  果樹の摘果作業も終盤の時期を迎えていますが、本年は春先の度重なる凍霜害により一時期作業を見合わせていた事と、サビ果や変形果を取り除く作業に時間がかかる事から、摘果作業の遅れている方が見られます。一部地域では着果不足の圃場も見られますが、障害果の着果も多く見られますので、摘果作業は注意して行いましょう。  今月の主な作業 ◎りんご 仕上げ摘果が終了していない圃場は早急に作業を済ませて下…

詳しく見る

13.07.16

今年はコシヒカリの穂肥量が変わります 水稲

 今月は穂肥の時期です。散布の適期を逃さないようにしましょう。 24年産は出穂期以降の登熟期間(8月〜9月)が高温で経過したことで稲体の体力が後半切れてしまいました。結果的に胴割れ米や白未熟粒の発生が多く、品質低下になりました。気象庁発表の3ヶ月予報では気温が高い見込みとなっており、昨年同様の品質低下が予想されます。 本年は登熟期間の活力維持のため、2回目の穂肥量を窒素成分で1?多く施用しましょう…

詳しく見る

13.07.16

病気・病害の発生に注意をお願いします そ菜

   果菜類・根菜類ともに梅雨明けとなる7月は病気・病害虫が発生しやすくなる時期です。防除のポイントは、病害虫の発生を予測して早めの予防防除に徹することです。そのためには、こまめに作物を観察し、作物の変化に早く気づくことが重要です。また、農薬散布の際は、対象病害虫に効果があることを確認して、使用方法を守って使用して下さい。 本年度は、年明けより2月の低温、3月の高温、4月から5…

詳しく見る

13.07.16

産直

▲穂高農産物直売所

▲穂高農産物直売所

  当JA直売所は、直営直売所の3店舗(穂高農産物直売所・JAファームみどりの店直売所・あづみ野ふる里市)とインショップの9店舗(管内の大型販売店の一部を借りた場所)、JA女性部主催の直売所が穂高地域に2店舗の合計14店舗あります。 各直売所では、旬の新鮮な農産物がいっぱい並んでいます。  ≪直営直売所のご紹介≫ 穂高農産物直売所   穂高支所の隣に併設しているトレーラーハウス…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
見直し摘果と早生くだものの収穫
今年はコシヒカリの穂肥量が変わります
病気・病害の発生に注意をお願いします
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop