ホーム > 営農情報 > 2013年6月

営農情報

13.06.05

凍霜害の被害確認と摘果作業 果樹

 4月から5月上旬までの度重なる凍霜害により、りんご・なし・もも等では過去にない大きな被害を受けています。霜道・霜溜まり・標高差によっても被害状況に差はありますが、生育の早い地域ほど被害が大きいです。正常な果実での着果量確保が困難な圃場も見受けられます。本来なら摘み取ってしまう遅れ花の果実、サビ等の障害のある果実でも樹勢調整のために必要な場合がありますので、まずは着果量が確保できるかどうかを確認し…

詳しく見る

13.06.05

水稲

 6月は収量や品質に影響する有効茎数の確保のための重要な時期となります。分けつした茎は、穂がつく有効分けつと、枯れてしまう無効分けつとに分かれます。 茎が少ないと減収になります。茎が多すぎると茎の充実が悪く倒伏しやすい稲になりますし、粒が小粒になったりくず米が多くなったりします。そこで中干しでのコントロールで理想的な茎数、ひいては収量品質が良くなるよう中干し管理をお願いします。    中…

詳しく見る

13.06.05

アスパラガス3年目以降の収穫打切りの判断と管理について そ菜

今月は定植3年目以降の方の収穫打切りを判断する時期です。圃場全体を見て判断するのではなく、株毎の状態を見て順次、立茎を行って下さい。  立茎の目安 〇若株の頭部が開き易くなったり、細い茎が多くなった時。〇1日当たりの出荷量が、その年の最高収穫時の3割以下まで低下した時。〇L級以下の重量比率が4割程度に低下した時。 収穫束数による目安は、定植3年目で3000束程度。4年目で4000束程度。5年目以降…

詳しく見る

13.06.05

夏場の生育管理について きのこ

〇えのきたけ<培養管理> 夏場の培養室の温度は、培地から発熱より外気温の上昇による侵入熱の影響を強く受けます。外温度の上昇に伴いクーラーの稼働時間が増えればビン内温度は下がりやすくなります。培養ビンのビン内温度を確認しながらクーラーの設定を見直しましょう。<生育管理> 培養室と同様にクーラーの稼働が増えると風の影響を強く受けるようになります。寒冷紗などの風除けの設置や、加湿…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
凍霜害の被害確認と摘果作業
アスパラガス3年目以降の収穫打切りの判断と管理について
夏場の生育管理について
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop