ホーム > 営農情報 > 学校給食

営農情報

13.04.10

学校給食 産直

 JAあづみでは、地元産のおいしい野菜を子供たちに食べていただきたいという思いから、平成15年度より管内の給食センターへ地元食材の供給を行っています。現在納品させていただいている給食センターは左の5センターです。

〇中部学校給食センター (豊科・明科地域)
〇南部学校給食センター (三郷地域)
〇堀金学校給食センター (堀金地域)
〇梓川学校給食センター (梓川地域)
〇梓川東保育園

 農産課は、このセンターの中から主に中部・南部学校給食センターに、多くの地域食材を納品しています。主な納品品目として、もやし、きのこ、ねぎ、玉ねぎ、大豆、大根、じゃがいも、りんご、梨などです。現在は、センター年間使用量の約4割程度の供給をしています。
 センターは、限られた短い時間の中で調理をしなければならないため、食材の規格が厳しく決められています。そのため生産者は、
その規格にあった野菜の出荷を心掛けて頂くようお願いをするとともに、品目ごとの規格表もお渡ししております。安全で安心な地元食材の供給を行っていくために、皆様のご理解、ご協力をよろしくお願い致します。
 子供たちに生産者の思いを伝え、食への関心を高めることを目的に、給食交流会を毎年行っています。この活動を通じて、今まで残飯の多かったクラスが食材への感謝の気持ちを教わり、子供達自らが残飯を無くそうと取り組んでいる声も届いています。参加した農家さんからも「好き嫌いなく食べていたので良かった」などの感想もあり、より食材提供に力を入れていただいています。給食交流会で子供たちが学んだことをお家に帰って話していただくことで、大人も食について考える良い機会になると思います。今後もこの活動は長く続けていきたいと思っております。
 この活動に興味のある方や食材提供を希望される方は、営農経済事業部農産課(72―2933)までお問い合わせ下さい。
                                                                       (農産課  柳澤はづき)

営農情報

最近のエントリー
水稲の健苗育苗に努めましょう
スイートコーンの作付け拡大を
学校給食
剪定作業の見直しと発芽前管理
水稲播種準備と麦の追肥
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop