ホーム > 営農情報 > ジュース用トマトの栽培を!

営農情報

13.03.04

ジュース用トマトの栽培を! そ菜

  3月になり、ジュース用トマトの播種時期となりました。契約栽培なので、採れば採るほど収益性が上がり、確実な収入が見込めます。転作品目や遊休荒廃地の有効利用として作付けをお願いします。各営農センターでは、仮植苗、定植苗の注文を受け付けています。お早目にお問い合わせ下さい。
 また、これから圃場の準備に取りかかりますが、最近は天候不順による収穫期の大雨により、生育不良や果実の腐敗などが起きていますので、水田後など排水不良の圃場では、排水対策をお願いします。
 
 平成25年度価格 
   45 円+奨励金2円 47円/㌕(税別) 1箱20㌕、税込987円  
 目標反収
   8邸〜銅益 約39 万円
 
 レタス類の定植準備
 
 露地栽培の方は、天候を見ながら、施肥、マルチ張り、定植をしましょう。
 本年は雪が多く圃場作りがしにくい状況であります。早めに天気の様子を見て圃場状態の良い時に肥料散布等ご準備をお願いします。

 畝立て・マルチ張り
 ・潅水が出来る位に、高畝( 10儖漫砲某瓦け、ベットの表面は平らに整地します。

 ・マルチを張る時は、土壌水分がある時に張ります。地温向上に黒マルチを使用します。

 定植
 ・本葉5、6葉になったら定植し、速やかに保温資材のパオパオやタフベルで被覆し、杭等で飛ばされないように止めます。
 ・ペーパーポットの場合は、ペーパーをはがして定植すると活着が良いです。 
 
 アスパラガスの栽培管理

 ・2年目の圃場は株・根の充実促進と土壌改良として
 BBわかみどり  100㌕/10
 土根性120㌕/ 10

 ・3年目以降は昨年のお礼肥えとして BBN450    40㌕/10
 いずれも3月中.下旬に通路に散布して貯蔵根を痛めないように中耕をして下さい。
 萠芽前の3月中旬頃に除草剤を散布しましょう。
 (雑草発生前.発生始期)
 10禿りトレファノサイド乳剤200〜300ml とロロックス水和剤150〜200弔鮨紕隠娃悪箸蛤合して散布して下さい。

 ※価格の高い早出し出荷と霜対策として、らくらくシートとシルバーポリの被覆をしての栽培をおすすめします。
 
 詳しくは、各地域営農センターへご相談下さい。

                                                                             (三郷地域営農センター 下田 裕貴)

営農情報

最近のエントリー
水稲播種準備と麦の追肥
ジュース用トマトの栽培を!
直売所の集客力アップを目指して
剪定と誘引作業で高品質生産の基礎を
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop