ホーム > 営農情報 > 土壌分析をしましょう

営農情報

13.02.07

土壌分析をしましょう 花き

 圃場準備前に、土壌の中にどの位の肥料が残っているかを把握するために、土壌分析をしましょう。

〔分析土壌の採取方法〕
 基本的には、収穫終了後で次期作物肥料散布前に採取します。診断1点につき、診断圃場の5箇所(圃場の4隅と中央)より均等量採取します。各箇所の表土を5cmほどはぎ、その下の土を採取します。採取土壌は、よく乾燥させ、細かい目のフルイで振るい、紙封筒に入れて提出して下さい。なお、土壌診断専用の封筒が、各営農センター窓口に用意してありますのでご利用下さい。土壌分析コースは3種類あり、基本はAコースですが、お勧めはBコースです。

〔土壌分析結果の活用方法〕
 土の性質を見る項目(3項目)
。達釘
 保肥力の大きさを見る数値です。数値が大きいほど保肥力がある土壌です。あづみ地域はだいたい10〜20位の範囲です。CECが低い場合(10以下)は元肥を減らして、追肥主体の施肥として下さい。
▲螢鷸正杣係数
 土壌がリン酸を吸着してしまい、作物が吸えなくなってしまう大きさを数値化しています。数値が大きいほど土壌がリン酸を吸着してしまい作物が吸えなくなってしまいます。あづみ地域はだいたい600〜750の範囲(普通)です。数値が高い場合は、リン酸を多く施肥します。
I綽
 土壌中の有機物の量を表した数値です。数値が大きいほど、腐植の量が多い事を表しています。理想値は、5以上です。
  以上の3項目は、土の性質ですので、改良は困難です。圃場に合った施肥をする事が必要です。

〔塩基バランス・量を見ましょう〕
 カリ・苦土・石灰の3要素を塩基といいま す。この塩基の量とバランスを整える事を土壌改良と言います。
 カリ:苦土:石灰の比率は、1:2:5〜8位の割合がよく、足りない成分を補うための肥料を施します。
 また、塩基飽和度は、土壌中の塩基の量の割合の数値です。塩基飽和度は80%が目標値です。ハウスでは、100を超えている圃場が多々あります。高すぎる成分を含む肥料は極力散布しないようにします。しかし、飽和度が100を越えている場合でも、バランスが重要ですので、先に書いた割合で足りない要素は施肥してください。

〔ph・ECの数値を見ましょう〕
。陦
 土壌の酸性度を表しています。畑作物は弱酸性の6.5〜5.5位が良いのですが、作物により違いますので、作る作物によって施肥を考えます。
 また、phは低めなのに、石灰量が高い。という場合がありますが、硝酸態窒素量が多いとphを下げる働きがあるので、phとECを足した数値が本来のphと見ても過言ではありません。
■釘
 土壌中に残っている窒素成分の量を表しています。
 適正範囲内にある場合は、窒素量は施肥設計どおりの施肥としてください。
 詳しくは、各地域営農センターへご相談下さい。

                                                 (農産課 茅野明仁)

営農情報

最近のエントリー
剪定と誘引作業で高品質生産の基礎を
土壌分析をしましょう
昨年の問題点を踏まえ、剪定作業を行いましょう
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop