ホーム > 営農情報 > 

営農情報

12.12.04

そ菜

 今年も残すところあとわずかとなりました。
今年の栽培を振り返り、問題点等があれば整理し、次年度の栽培に活かしましょう。

 来春最初の収入源として、レタス類(サニーレタス・グリーンリーフ・玉レタス)の作付けをお勧めします。
 野菜栽培が初めての方でも取り組みやすい品目です。

 特徴としては
春一番の野菜として、暖地と高冷地産地の谷間を狙った出荷。
後作の品目により、生産性の向上が図れる。

 〈栽培体系(例)〉
―侫汽法璽譽織喉スイートコーン→秋サニ ーレタス
⊇侫汽法璽譽織喉つる無しインゲン→秋サニーレタス
春サニーレタス→スイートコーン→野沢菜

 ハウス作型(結球レタス)
 12月中・下旬播種→1月中・下旬仮植→2月中下旬定植→4月中・下旬収穫

 露地作型(結球レタス)
 1月上・中旬播種→2月上・中旬仮植→3月中下旬定植→5月中・下旬収穫

 ハウス作型(リーフレタス)
 12月中・下旬播種→1月中・下旬仮植→2月中下旬定植→3月下旬・4月上旬収穫

 露地作型(リーフレタス)
 1月上・中旬播種→2月上・中旬仮植→3月中下旬定植→4月下旬・5月上旬収穫

☆ポイント
〆惑櫃非常に簡単で、扱いも軽い。
  主な作業は定植と収穫、箱重量も4kg程度と軽いです。
⊇媽茲暴蠧世得られる。
  10aの粗収益が40万円程度見込めます。
  JAの共助品対象品目です。
I弔鮃愼すると、もっと短期間で手軽に作業ができます。
   毛苗・定植苗の斡旋も致します。
そ于拱の歩留まりが高く10a400箱を目標としています。
ゥ蝓璽侫譽織梗穫後、使用したマルチを利用し、スイートコーン等栽培に取り組むことができ、土地の有効利用に繋がります。

 『あなたも新規栽培してみませんか?』
 播種時期が迫っていますので、栽培希望者は12月中に各地区の営農指導員へご相談下さい。

(三郷地域営農センター 青柳主任)

営農情報

最近のエントリー
「信州プレミアム牛の販売戦略について」
りんご晩生種の収穫と秋冬期管理
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop