ホーム > 営農情報 > 2012年11月

営農情報

12.11.15

りんご晩生種の収穫と秋冬期管理 果樹

 今月は「ふじ」の収穫が最盛期を迎えます。適期収穫を心掛け、次年度への生産に向けて準備を進めましょう。 今月の主な作業 ○王林の収穫 王林は、ガクア部周辺が黄緑色に色抜けし、果点が浮き出たものから収穫を行って下さい。品質低下にならないよう、11月14日頃を目安に収穫を進めて下さい。 ○ふじの収穫  ふじは、ガクア部の地色が抜け、アメ色になったものから収穫を始めて下さい。着色の良い上枝や外…

詳しく見る

12.11.15

水稲

「当面の作業」・秋耕しの実施  土想神(土壌改良材)を10?あたり5袋散布して早目に耕して下さい。・土壌診断を行いましょう。  土壌診断を行い、水田の状態を確認しましょう。土の採取方法・提出方法は各地域営農センター又は各地 区営農センターまでお問い合わせ下さい。 「今年の生育状況並びに品質について」本年の稲作は梅雨明け後の高温・干ばつ傾向により平成22年並みに進み、刈り取りも例年になく早まりました…

詳しく見る

12.11.15

そ菜

タマネギの管理 11月に入りほとんどの品目で収穫作業が終了し、タマネギの定植も終わった頃かと思います。圃場によって差はありますが、特に草の多い圃場は越冬前にしっかり抑えておきましょう。○コンボラル(粒剤):畑地1年生雑草10?当たり4〜6㌕散布。○ゴーゴーサン:畑地1年生雑草 ・乳剤→10?当たり薬剤500mlを水100ℓで希釈して、全面土壌散布。 または、 ・細粒剤F→…

詳しく見る

12.11.15

ストックを栽培してみませんか!! 花き

特 徴切り花の中では、比較的栽培が容易で、同圃場で年2回栽培ができます。販売は中信ストック協議会として共選販売しており、市場では産地ブランドとして有利販売ができ、特に春ストックでは全国的にも当産地の出荷物しかなく引き合いも強いため、安定販売ができます。作業労力の一番かかる、収穫・出荷も、田植えの終わった5月中旬〜6月中旬です。 栽培できる方・水稲育苗ハウス以外のパイプハウス等をお持ちの方。・栽培用…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
りんご晩生種の収穫と秋冬期管理
ストックを栽培してみませんか!!
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop