ホーム > 営農情報 > 地域の拠点となる直売所を目指して

営農情報

12.10.11

地域の拠点となる直売所を目指して 産直

   「JAファームみどりの店直売所」が8月5日(土)に新築移転オープンしました。店舗面積は移転前の2倍以上の大きさで野菜、果実、花き類の他、加工品やAコープ商品のコーナーも設け、常に品物が豊富にあるよう努めています。
 商品の品揃えや、年間営業をしていくには安定した量を常に確保することが大切になります。
 直売所においては多品目出荷を基本とし、家庭菜園などで作付けされている方々にも直売所の会員に入会して頂き、年間を通じて作付できる品物を提案させていただきたいと思います。冬場の課題となっている品揃えにつきましても、各地区の担当技術員と連携を図り、冬場空いているハウスを有効に使わせていただき、冬場の収益確保に努めていきたいと思いますので合わせてご協力をお願いします。
 直売所運営をしていく中で、JAの直売所にしかない物、JAの直売所だからこそ出来ることなどいろいろな考えを模索していきたいと思います。
 平成15年度より、安曇野市内4ヵ所の学校給食センターへ地元野菜の供給を行っています。おかげ様で出荷いただける会員の人数も年々増えてきています。直売所に出荷していただく事と同時に、地域食材提供の一環も兼ね、給食センターへの納入をお願い致します。
 各直売所・学校給食の会員につきましては随時募集をしておりますので、詳しくは各地域営農センター、もしくは営農経済事業部農産課へご相談下さい。 
                                                                             (農産課 有賀)

営農情報

最近のエントリー
ハウスでほうれん草・小松菜の栽培を
地域の拠点となる直売所を目指して
えのきたけの品質向上について
タマネギ育苗管理について
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop