ホーム > 営農情報 > 2012年8月

営農情報

12.08.13

JA農産物直売所、地域一体型に向けて 産直

JAファームみどりの店直売所

JAファームみどりの店直売所

 当JA直売所は直営直売所が3店舗(穂高農産物直売所、みどりの店フレッシュマーケット、三郷ふる里市)とインショップが9店舗(管内の大型販売店の一部を借りた場所)と、JA女性部主催の直売所が穂高地域に2店舗あり、管内の直売所と合わせて14カ所の直売所があります。 直売所は、各地域担当者が事務局となり、企画運営しています。現在は、各店の登録会員が増え、直売コーナーいっぱいに新鮮な農産物が並んでいます。…

詳しく見る

12.08.13

玉ねぎを作りましょう そ菜

 玉ねぎは価格保証があり、作りやすい品目です。9月は播種時期になります。播種は定植から逆算して55日から60日前が適期です。作業が適期に行えるように今月から播種準備をしておきましょう。 1.苗床作り  排水対策の為、10?以上の高畦とします。 2.肥料(坪当たり)  苗床用に1坪当たり完熟堆肥10kg、アヅミン苦土石灰1kg、IBそさい苗床肥料1kg、BM重焼リン200gを施肥…

詳しく見る

12.08.13

水稲

○今後の水管理 胴割れ米対策・白未熟粒対策として出穂後3週間は水を切らない(常時湛水)管理とし、出穂3週間以降は間断灌水(水が無くなったら水を入れる)をお願いします。 刈り取り前に好天や高温が続く時は、なるべく遅くまで走り水管理を行いましょう。○穂いもち病 葉いもちの発生しているほ場や昨年発生したほ場では穂いもち防除を徹底して下さい。また8月後半の雨でいもち病の多発する場合があるので、液剤や粉剤の…

詳しく見る

12.08.13

収穫前管理と適期収穫 果樹

 今月は、各品目で早生種の収穫が始まります。収穫前の管理は、着色や品質向上につながりますので、怠ることのないよう実施して下さい。 また、本年の梅雨期は降水量が少なく、気温が高い日が続き、干ばつ傾向となっています。そのため、果肉先行となりやすいので、圃場の状態を見ながら、適期収穫とともに灌水を実施して下さい。 今月の主な作業○りんご 見直し摘果(樹上選果)を行い、変形果や肥大不良の果実を取り除いて下…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
JA農産物直売所、地域一体型に向けて
玉ねぎを作りましょう
収穫前管理と適期収穫
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop