ホーム > 営農情報 > 土壌分析診断のご案内

営農情報

12.01.10

土壌分析診断のご案内 そ菜

 多くの農産物の栽培が終了し、次年度の栽培に向けて圃場の土壌分析診断行いましょう。安定した品質の農産物を栽培していくためには、土壌の状態を知り、その状態に合った施肥を行うことが重要となります。そこで、当JAでは精度が高く効率的で低価格な土壌分析診断を行っています。良好な状態を維持していくためにも1回のみの実施ではなく、定期的に実施していくことをお勧めします。土壌分析診断につきましては、年中通して診断が可能ですので、詳しくは各地区営農センターまでお問い合わせ下さい。

・春一番の品目はレタス類です。〜初めての方でも取組み易い品目〜
  春レタス類につきましては、結球タイプ(玉レタス)、非結球タイプ(サニーレタス、グリーンリーフ)3種類の品目があり、どの品目でも出荷が出来ます。
 播種時期は露地栽培で1月上〜中旬です。10a当たり6,000粒の種子を苗箱8〜10枚に播種します。培土は太平園芸培土等でスジ蒔きにします。この際、覆土は薄目にして、覆土後たっぷりと水をかけます。その上に新聞紙で被覆をし、水をかけ、20℃で保温すると7日位で発芽します。発芽したら新聞紙を取ります。
 仮植時期は本葉1.5〜2葉期位が目安です。仮植につきましては、5×5の連結ポット又は、72穴のペーパーポットに培土を平均的に詰め、ポットの中心に浅植えします。仮植後は潅水を行います。
 管理の際の注意点としては、日中は20℃位に保ち高温には絶対しないで下さい。水分は、やや乾燥気味として、乾いたら潅水して下さい。(朝潅水して、夕方乾く程度)そして、定植の1週間前から硬化を始め、十分に外気に慣らして頂き、本葉が5〜6枚になったら定植となります。
春レタスの後作にスイートコーンやつる無しインゲンの作付けも出来ますので是非、ご検討をお願いします。
 詳しくは各地区営農センターまでお問い合わせ下さい。

(豊科地域営農センター 丸山指導員)

営農情報

最近のエントリー
レタス類の定植準備・圃場管理をしましょう
平成24年度の水稲改善目標について
剪定と誘引作業による高品質生産への土台作りを
家畜伝染病予防法の一部を改正する法律ポイント
防除基準を参考に適正な農薬使用を行いましょう。
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop