ホーム > 営農情報 > 収穫時期を迎えました

営農情報

11.09.13

収穫時期を迎えました 水稲

1、落水時期
 早期落水は胴割れ米の発生など品質低下を招きます。土質、出穂期により若干異なりますが、35日〜40日頃が目安です。落水後も高温が続くようなら走り水を行い、根の老化を抑えましょう。

2、刈り取り準備
 本年は平年並み出穂期で、刈り始めも昨年と同様になりそうです。作業が遅れないよう機械点検、準備を早めに行いましょう。

3、適期収穫
 刈り遅れは品質低下を招きます。収穫適期の判定は帯緑色籾歩合と登熟積算温度により判定します。
 コシヒカリの場合、生育の早い圃場で帯緑色籾歩合が10佑砲覆辰燭藜穫を始めます。登熟積算温度で登熟期は1000℃が目安です。
その前後5日間(11日間)が収穫適期です。
※各地区に積算温度計を設置していますので、指導員にお尋ね下さい。
○帯緑色籾歩合とは
 緑色の籾が1穂内に占める割合で稲の成熟程度を示します。帯緑色籾歩合が10涌焚爾覆蕕仄量の減少はありません。
登熟期が高温で経過すると葉茎の黄化が伴わない場合がありますが、籾の状態(帯緑色籾歩合)で刈り始めましょう。 
1穂の籾数は概ね100粒ですので、帯緑色籾(緑の籾)が10粒になった頃より収穫を始めます。

4、乾燥調整
 水分、胴割れ、異種穀粒、異物、異品種の混入に注意しましょう。
○刈り取った生籾は速やかに乾燥機に入れ、通風します。気温の高い時に刈り取りした籾は穀温も高くムレやすく、長時間放置するとムレ米となりますので注意して下さい。
○乾燥機の循環不良に注意
 高水分籾、ワラくず等ごみの多い籾を乾燥する場合、循環不良を起こす場合がありますので注意して下さい。
○水分ムラ、水分変動に注意
 こまめな水分チェックと籾が常温になってから水分測定をしましょう。
○乾燥時の胴割れに注意
 急激な乾燥作業は、胴割れ米の原因となりますので、3〜4時間程度常温通風してから乾燥作業に入りましょう。
○ 籾摺りは乾燥終了後、穀温が常温になってから行いましょう。
※収穫時期を迎え、何かと多忙な時期となります。ちょっとした無理や不注意が重大な事故につながります。農機具の事前整備・点検を 十分に行い、安全作業を心がけて下さい。

(堀金地域営農センター 手塚指導員)

営農情報

最近のエントリー
レタス類の定植準備・圃場管理をしましょう
平成24年度の水稲改善目標について
剪定と誘引作業による高品質生産への土台作りを
家畜伝染病予防法の一部を改正する法律ポイント
防除基準を参考に適正な農薬使用を行いましょう。
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop