ホーム > 営農情報 > 2011年9月

営農情報

11.09.13

収穫時期を迎えました 水稲

1、落水時期 早期落水は胴割れ米の発生など品質低下を招きます。土質、出穂期により若干異なりますが、35日〜40日頃が目安です。落水後も高温が続くようなら走り水を行い、根の老化を抑えましょう。2、刈り取り準備 本年は平年並み出穂期で、刈り始めも昨年と同様になりそうです。作業が遅れないよう機械点検、準備を早めに行いましょう。3、適期収穫 刈り遅れは品質低下を招きます。収穫適期の判定は帯緑色籾歩合と登熟…

詳しく見る

11.09.13

えのきたけ新品種 臥竜6号について きのこ

 昨年度より農家モニター試験を行い、現在、品種登録出願中の臥竜6号ですが、本年7月より原種菌センターからの母菌供給が始まり、本格的な普及に向けての体制が整いつつあります。現在の普及状況、並びに特長について説明致します。特 徴1、培養条件、温度設定について 臥竜5号がビン内最高19℃以下を基準とするのに対し、臥竜6号は21℃を目安に管理します。培養室の温度設定に関しては、個々の条件によって変わります…

詳しく見る

11.09.13

適期収穫に努めましょう 果樹

 つがるや幸水、巨峰など多くの品目が収穫最盛期を迎えます。適期収穫に努めると共に、次に収穫期を迎える品目の管理を進めましょう。  今月の主な作業1、りんご つがるの収穫も後半戦となります。過熟にしてしまわないよう、地色が抜けきる前に収穫してください。また、早生ふじは落果防止剤の散布が必要です。シナノドルチェや早生ふじ、シナノスイートやトキは収穫前管理時期となります。最終の見直し摘果、葉摘みや玉回し…

詳しく見る

11.09.13

タマネギ育苗管理について そ菜

 今月の上旬は「甘70」や「ネオアース」の種播時期になります。播種後の育苗管理が収量・品質に大きく影響しますので、健苗作りに努めて下さい。育苗管理 種播きから一週間程度で発芽しますが、発芽するまでの間は乾燥しないようこまめに灌水し発芽率を高め、生育を揃えましょう。 7割程度発芽してきたら、夕方の涼しい時に被覆資材を除去します。この時、釣針状になった芽が被覆資材に引っ掛かりやすいので一緒に抜かないよ…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
収穫時期を迎えました
えのきたけ新品種 臥竜6号について
適期収穫に努めましょう
タマネギ育苗管理について
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop