ホーム > 営農情報 > 大きな果実を生らせる為に予備摘果を

営農情報

11.05.12

大きな果実を生らせる為に予備摘果を 果樹

 果樹も開花期を迎えました。花の時期が終わればいよいよ摘果作業のシーズンとなります。摘果には果実の肥大を促すだけではなく、来年の花芽を確保する意味もあります。しっかりと摘果をして、形の良い大きな実に育てましょう。
 
今月の主な作業

1、りんご
 予備摘果の時期となります。花が散り、ガク立ちが確認できたら作業適期となります。りんごは1箇所から5〜6つの花を咲かせ実を付けますので、その中から一番育ちの良いひとつ(大抵は真ん中)の実を残し、残りを摘み取ってください。実を生らせる枝は主に中果枝や短果枝なので、長果枝先端や  腋芽についた実は全て取り除きます。予備摘果は満開後三十日以内を目安に行って下さい。

2、なし
 なしの予備摘果もりんご同様に1つの果そうに1果残すやり方です。なしの場合は果そうの元より数えて2〜4番目の、枝の外側を向いた実を残してください。 
 予備摘果は満開後30日以内を目安に行います。又、主枝の背中側から出た芽は、徒長枝となり他の枝が伸びるのを邪魔しますので、早めに欠いてください。

3、もも
 予備摘果では形の悪い実や混みすぎの部分を修正します。予備摘果をやる前に樹を眺めてみて、多めに付き過ぎと感じたら来年はもう少し強めに摘蕾をしてください。着果の目安は、長果枝には2〜3個、中果枝1〜2個短果枝には1個です。予備摘果は満開後20日〜30日目安に行います。

4、ぶどう
 芽欠きが主な作業となります。芽欠きは、1箇所から2本出てくる芽を1本に間引いてやる作業です。遅霜の時期が過ぎたら副芽や極端に強い芽を欠いて、芽の生育を揃えましょう。又、新梢が混み合わないよう30〜40造某びたものから棚付けして下さい。

(三郷地域営農センター 西牧指導員) 

営農情報

最近のエントリー
レタス類の定植準備・圃場管理をしましょう
平成24年度の水稲改善目標について
剪定と誘引作業による高品質生産への土台作りを
家畜伝染病予防法の一部を改正する法律ポイント
防除基準を参考に適正な農薬使用を行いましょう。
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop