ホーム > 営農情報 > 水稲では、種籾の消毒、浸種が始まります。

営農情報

11.03.10

水稲では、種籾の消毒、浸種が始まります。 水稲

3月は、本格的な作業の始まる時期です。水稲では、種籾の消毒、浸種が始まります。

○種籾の準備と種子消毒
 種籾の全量更新をお願いします。(JA長野県安心基準米の必須条件です)10禿たり3kgを標準に用意し、厚播きに注意しましょう。
 種子消毒は播種の2週間位前に行います。使用する剤はいくつかありますが、環境に優しい点から生物農薬の『エコホープ剤』をお勧めします。有効成分は生菌なので消毒後は乾かさずに、そのまま水浸しして下さい。乾かすと効果が劣りますので注意しましょう。また、播種時に殺菌剤の『ダコレート』を使用すると、『エコホープ』の菌を殺してしまいますので使用しないで下さい。発芽後から育苗期間中に青かびが見られますが、『エコホープ』の菌によるものなので生育には影響ありません。種子消毒の残液は河川への流入や地下水への影響が無いように自己所有地の無栽培畑地を深さ20僂らい耕起し、廃液をあふれ出ないよう流し込み入れて適正な処理を行って下さい。なお、家庭菜園など栽培予定地や、きのこなどに影響のある場所では行わないでください。

○播種時期と田植え時期
 昨年のような暑い時期の出穂は胴割れ米や乳白粒の発生につながり、品質低下を招きますので、
播種時期、田植え時期を遅くしましょう。
 本年度は、種まきを4月23日〜24日、田植えを5月14日〜15日を目安にお願いします。
 詳しくは各地域営農センターまたは指導員までお問合せ下さい。

(穂高地域営農センター 茅野指導員) 

営農情報

最近のエントリー
レタス類の定植準備・圃場管理をしましょう
平成24年度の水稲改善目標について
剪定と誘引作業による高品質生産への土台作りを
家畜伝染病予防法の一部を改正する法律ポイント
防除基準を参考に適正な農薬使用を行いましょう。
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop