ホーム > 営農情報 > ジュース用トマトの栽培を!

営農情報

11.03.10

ジュース用トマトの栽培を! そ菜

 3月下旬頃には、ジュース用トマトの播種時期となります。中信地区はジュース用
トマト生産量が全国1位で、手堅く農業経営ができます。(取引価格が決まっていて所得が安定しています。)転作品目として作付けをお願いします。

[23年度取引標準価格] 
 ・一般品種 45円/kg(税別)
 ・1箱20kg 900円(税別)
 ・目標反収 7t粗収入 約30万円

[マルチ購入助成]
・JAよりマルチを購入頂いたジュース用トマト部会員の生産者へ500円/1本の助成を行います。
・平成23年度ジュース用トマト作付けに対し購入・使用いただいたマルチの本数を対象とします。
(通路へのマルチは対象外です。)

[排水対策]
 近年大雨による生育不良や果実の腐敗などが起きています。これからの圃場準備に取り掛かる際、水田後など排水不良の圃場では、特に注意が必要となりますので、排水対策をお願いします。
部会では排水対策用に、溝堀機を導入してありますので反収向上に向け是非ご利用下さい。溝掘りはマルチ張りの前に行います。地域ごと順番に作業を行いますので、溝堀機の申し込みは各営農センターまでお願いします。
※溝掘り機利用料金
・10禿たり 2、000円 + オペレーター料 2、000円(作業時間により別途料金がかかります)

[トマト苗]
 各営農センターでは、仮植苗・定植苗の注文を受け付けていますので、
早めにお問合せ下さい。

 アスパラガスの栽培管理
・2年目の圃場は株・根の充実促進と 土壌改良として
 アスパラもりもり…140/10
 土根性………………120/10
・3年目以降は昨年のお礼肥えとして
 N450……………100/10
 いずれも3月中下旬に通路へ散布して、貯蔵根を痛めないように中耕をして下さい。
※3年目以降の圃場では、萠芽前の3月中旬頃に除草剤を散布しましょう。
 トレファノサイド乳剤200〜300ml/10討肇蹈蹈奪ス水和剤150〜200/10討魑定の散布量で雑草発生前に散布して下さい。
※アスパラガスの早期出荷は高価格で販売されます。霜対策として、らくらくシート・シルバーポリトウ等の被服資材を使用いただき早期出荷をお願いします。
 詳しくは、各地域営農センター指導員へご相談下さい。

(穂高地域営農センター 草深指導員)

営農情報

最近のエントリー
レタス類の定植準備・圃場管理をしましょう
平成24年度の水稲改善目標について
剪定と誘引作業による高品質生産への土台作りを
家畜伝染病予防法の一部を改正する法律ポイント
防除基準を参考に適正な農薬使用を行いましょう。
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop