ホーム > 営農情報 > 2010年11月

営農情報

10.11.10

晩生種りんごの収穫と秋冬期の管理 果樹

 ふじ、王林の収穫最盛期となってきます。 ふじでは、日当たりの良い所の果実から地色が「アメ色」に変わっていきますので、順次収穫を進めて下さい。 今月中下旬頃になると、かなり寒い日もあると思います。強い低温に遭うと、著しく果実の品質が低下する場合があります。また、あまり遅くまで着果負荷がかかっていると、次年度への花芽等にも悪影響が出る恐れがありますので、概ね25日には収穫が終わるように目標を定め、計…

詳しく見る

10.11.10

来年への課題 水稲

 本年は、例年にない気象条件の中での米作りとなりました。今年の稲作を振り返って、来年への課題をまとめておきましょう。 ◎品質 本年の玄米は、出穂期以降も高温で経過したため、胴割れ粒や乳白粒の発生が多く、早生種ではカメムシによる斑点米の発生が多く見受けられました。 近年は温暖化傾向にあり、高温下での出穂は品質低下の大きな要因となります。田植え時期を5月中旬から下旬に遅らせ、品質の向上に努めましょう。…

詳しく見る

10.11.10

アスパラガスの越冬管理・春先からの作付け推奨品目 そ菜

 玉葱の定植が終わった頃かと思います。圃場によって差はありますが、草の多い圃場は越冬前にしっかり抑えておきましょう。 ○コンボラル:畑地1年生雑草  10a当たり4〜6?散布○ゴーゴーサン:畑地1年生雑草  乳剤30→10a当たり  水100lに500ml希釈  細粒剤F→10a当たり5〜6?散布※ ゴーゴーサンは使用回数が1回なので、乳剤、細粒剤、コンボラルとの併用(春先も含め)は行わ…

詳しく見る

10.11.10

冬期の培養、栽培管理について

○えのきたけの芽出し管理 外気温度の低下により、クーラーの稼働時間が減ってきます。換気不足の状態で空気の対流が減ると綿かぶり、根腐れの原因となるので、朝晩のドア換気、霜取りの時間を増やすなどの対策をして下さい。 ○えのきたけの抑制管理 芽出しで5〜10?程になったら抑制室へ移動します。余り早く移動すると生育の遅れ、収量の低下につながります。この時期にキノコを乾かしますと収量、品質の低下の原因となり…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
晩生種りんごの収穫と秋冬期の管理
来年への課題
アスパラガスの越冬管理・春先からの作付け推奨品目
冬期の培養、栽培管理について
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop