ホーム > 農産物情報 > 安曇野のお米

安曇野の農産物

安曇野のお米
北アルプスを源とする清冽な 水

安曇野一帯は日本の屋根北アルプスを源とする清冽な水によって潤っています。
中房川、烏川、梓川、高瀬川といった河川がそれにあたり、これらの河川は平野部の西側で犀川に合流して日本海にそそいでいます。安曇野は日本一の水山葵(わさび)の産地として知られており、それを支えているのは水です。山葵は豊富で綺麗な水でなければ栽培できない難しい農産物なのです。
そして安曇野が日本有数の米どころとして名を馳せている最大の理由も、やはりこの澄んだ水にあるのです。

北アルプスから流れ出るいく筋もの河川と、日本一の大河犀川(信濃川)によって堆積された土壌は、太古より安曇野に豊かな実りをもたらしてきました。その主役は米。
肥沃で広大な平野部は安曇野産の米をよりおいしく育む大きな役割を果たしています。
さらに、早くから基盤整備が進んだ安曇野では有機栽培技術をいち早く導入し、生産者とJAが一体となって「土づくり」にも力を入れてきました。JAあづみが独自開発した土づくり肥料「土想神」は、安曇野の土地に不足しがちなケイ酸分を補う効果でおいしい米づくりをバックアップしています。

太古より安曇野に実りをもたらす 土
標高六百mに位置する信州安曇野の 気候

内陸性気候のため夏の日照時間が長く、昼と夜の激しい温度差は稲の光合成を促進し、うまみがぎっしり詰まった粒ぞろいの良い、おいしいお米を育てています。
また、この地域は雨が少なく冷涼な気候のため病害虫の発生が少なく、農薬の使用を最小限に抑えた安心で安全な米づくりができるのです。
標高600mから700mに位置する信州安曇野の爽やかな気候は、私たちだけではなくお米にも健康的な成長を約束しているようです。

おいしくて安全な米づくりは生産者の情熱なくしては実現できません。安曇野は古くから米づくりが盛んな地。代々受け継がれてきた生産者の情熱が最新の技術と融合し、どこにも負けない「安曇野の米」を全国にお届けしています。

現在は、生産者全員が栽培管理日誌を記帳し、適切な水・肥料管理によって地域全体で安全な米づくりに取り組んでいます。
収穫された米は、適期刈取りと乾燥調整に十分な注意が払われ、カントリーエレベーターや低温倉庫で大切に管理保管されています。自主検査による質の均質化、外見、食味の安定性確保、独自の食味分析なども品質を守る大切な仕事となっています。

安曇野産コシヒカリ玄米の品質を表す一等米の割合は一昨年の20年度産では99.44%台を維持しています。
田んぼから出た物を田んぼに帰す循環型農業による米づくりも積極的に進められています。
米ぬかと、地元でとれた大豆などを原料とした肥料「米の精」によって育てられた特別栽培米「ヌカッ子」は化学肥料・化学合成農薬使用を地域慣行の50%以上削減したコシヒカリです。

おいしくて安全な米づくり担う 人

pagetop